カウンセリング担当と相談スタイル

当センターのカウンセラーとスタッフです。臨床歴10年以上のベテランが多数在籍しています。

青木正平(臨床心理士/公認心理師/責任者)

基本スタンスとしては話をじっくりと聞き、ご相談者さん自身が自分の気持ちを十分に感じてもらうようにします。そうすることで自然とつらい気持ちが癒えたり、今まで気づかなかったことに気づくことで考え方が変わったりと、自分の中にたくさんのヒントがあることに気づくようになります。対人関係の悩みについては具体的な行動をどうするか話しますし、思考の癖がある時や生活面の問題には認知行動療法を取り入れたりします。呼吸法や瞑想法、心理教育、セルフコンパッションの要素を取り入れるときもあります。
人はそれぞれ違うものですから、自分の個性、自分なりの道を見つけて、それを大事にしてほしいなと思います。

阿部友音(臨床心理士/公認心理師)

これまで教育機関、福祉機関、医療機関等の臨床現場で心理支援を行ってきました。児童期から成年期まで、様々な年代の方の心理支援、心理療法を行います。
カウンセリングでは、精神疾患を抱える方や、医学的疾患はなくとも今のまま人生を生きていくことが難しいと感じておられる方のお話をじっくりと聴いていきます。技法については、相談者様に応じて、臨機応変に組み合わせています。
現状を理解し、ご自身についての理解を深めること、その上で現状を継続させている悪循環を断ち切ることを目標としていきます。
相談者様自身が持つ、本来の力を取り戻すお手伝いをさせていただけたら幸いです。

川﨑文子(臨床心理士)

主に医療機関(精神科、小児科)を中心に、スクールカウンセラー、学生相談室等で幅広く心理臨床経験を積んでいます。人は守られ安心できる場で、丁寧に話を聴いてもらうと、いろんな感情が湧き出て、自分のことをより深く理解し、受け入れることができるようになります。個人的な悩みや不安から、「自分に自信がない」「何となく毎日がしんどい」等、その人の気持ちに寄り添い、一緒に感じ考えながら、一歩前に進むお手伝いをしたいと思います。
「ここに来るとなぜかホッとする」「話して気持ちが楽になった」と感じていただけるようなカウンセリングを目指しています。

森石千尋(臨床心理士/公認心理師)

はじめまして,森石千尋と申します。私はこれまで認知行動療法を専門として支援のお手伝いに携わらせていただきました。認知行動療法と聞くと,良くない思考や行動を修正する,といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。ですが,その思考や行動は本当に修正が必要な「悪い」ものでしょうか。生活を振り返ってみると,その思考や行動だったからこそ乗り越えてこれたこともあるかもしれません。カウンセリングの中では,一つづつ出来事やその時の対応をお伺いしながら,これまでの対応の仕方で上手くいく場面,少し工夫してみると良い場面などを一緒に整理していき,より良い生活を送る上でのお手伝いをさせていただければと思います。

西谷万名美(臨床心理士/公認心理師)

大学卒業後は10年弱、証券会社で働いていました。その後は、あっちこっちいろいろありましたが、臨床心理士資格を取得して10年以上が過ぎました。児童精神科、メンタルクリニックでの臨床を経験し、現在は主に教育、福祉分野で仕事をしています。一見、八方塞がりのように感じられても、視点を変えていろいろな方向から見てみると道が開けることがあるのではないでしょうか?来所される方との丁寧な会話の中から、今まで見えにくかったけどそこにある道を一緒に探すお手伝いができたらと思っております。

小谷恵子(臨床心理士/公認心理師)

一般企業での勤務経験ののち、臨床心理士資格を取得しました。主に大学の学生支援を始めとする教育機関や精神科クリニックにて、発達特性のある方や働く人のメンタルヘルス支援に携わってきました。
とにかく話を聞いてほしい、忙しい毎日の中でこころがいっぱいいっぱいになってしまった、身近な人にはかえって相談しにくいし…などカウンセリングに対する思いは相談者様それぞれおありかと思います。まずは安心できる守られた場所でこころに背負った荷物を下ろしてみませんか?「自分らしく進んでいけそう」「相談してみてよかった」と心が温かくなる、そのためのお手伝いができたら幸いです。

山本(スタッフ)

相談にいらした方が安心してお話しして、笑顔でお帰りになってもらえるように快適な空間の提供に努めています。

佐藤(スタッフ)

こんにちは!受付スタッフの佐藤です。人をサポートすることが好きなので、安心してお越し頂けるよう、いつも笑顔でお待ちしております。