認知行動療法プログラム(第1クール)を終えて

新宿御苑前カウンセリングセンターをご覧いただき、ありがとうございます。

当センターでは、今年度より新しく認知行動療法プログラムを実施しております。
4月に第1クールを行いましたので、その活動についてご紹介します。

認知行動療法プログラムを検討中、興味のある方にとって参考になればと思います。

【認知行動療法プログラムの目的】
今回のプログラムでは、認知行動療法の基本的な考え方(問題に対してどう整理していくか)について解説しています。
また、認知行動療法でよく話で出てくる「生活記録表」や「セルフモニタリング」についても、その方法を紹介しています。

 

【参加者のアンケート内容や感想(一部抜粋)】
・プログラムを受けることで、認知行動療法がどういったものかイメージがしやすくなった。
・自分の困っている内容に対して認知行動療法が役に立ちそうと感じた。
・困っていることが改善するイメージが持てるようになった。
・どう認知行動療法を使っていけばいいのかについて勉強になった。

といったご感想やご意見を頂きました。

 

今回のプログラムでは、認知行動療法ではお困りの事をどういう風に理解していくか、解決の糸口をどう見つけていくか、ということをテーマにしていました。
今回ご参加いただきました方が認知行動療法に有効性を感じたという感想を頂けて、実施が出来て良かったと一安心しています。

その一方で、今回初めての開催だったこともあり、運営側が不慣れなところもあったかと思います。
今後は第1クールで頂いたご意見・感想を踏まえて、さらにより良いプログラムとなるようにしていければと思います。

次回第2クールは、6月18日(金)から始まります。
お申し込みについても6月14日(月)までとなっております。
もしご検討中の方が居ましたら、是非お申込みいただけますと幸いです。

前の記事

芋虫が蝶になるとき